トップページ

    このサイトではフィットの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「フィットの買取相場を検索して高く買い取ってくれる専門店に売りたい。」ということを考えているならこのサイトに掲載しているおすすめの車買取専門店で調べてみてください。

    ホンダのフィットを高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者で査定をしてもらう」ということ。1社の車買取店だけとか近隣のホンダディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでおすすめできません。

    中古車の一括査定ならサクッと入力完了するのでカンタンです。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、フィット(Fit)の買取値段の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度抜群なので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大で50社にフィットの査定依頼をすることができます。

    中古車の一括サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「フィットの買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にフィットの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が流れない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が概算価格を入札するので、数年落ちのフィットでも高額買取してくれる車買取業者が見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1社からのみなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    フィットの買取査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札して買取価格を提示するという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車買取一括サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みと同時にフィットの相場が分かるので、「中古車で数年落ちのフィットの買取相場って分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    依頼申し込み後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良業者のみが登録していますので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、いくつかの会社に査定してもらうことで長年愛用したフィットであっても高く売ることができます。

    最大10業者が中古車査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたのフィットを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場がわかる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、その中から最大で10社があなたのフィットを査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定額を出してもらうことで査定額やサービスの違いを比較してみることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したフィットを1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前から分かるように楽天が運営している車買取の一括査定サイト。
    ホンダ・フィットの査定依頼をするだけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用したフィットを高く売って、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携企業は約100社なので他の業者と比べると少なく感じますが、最大で10社の会社がフィットの査定金額を提示してくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定を使った場合の価格差がいくつか提示されていますので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    プロのスキルを持った中古車査定士にはちょっとした嘘は瞬時に見破られます。

    良くあるケースでは、事故歴や修理歴のある車なのに、低い査定金額を付けられるのを嫌がって嘘はちょっと調べれば直ぐに判別がつきますし、嘘をついたことが原因で信頼関係を担当スタッフと築こうなんて事はもう無理難題です。

    最終的に、嘘が原因で厳しめの査定をされることがあってもおかしくないので、修理歴などについても包み隠さずにはっきりと申告しましょう。

    中古車を高値で売りたいならば、一軒二軒の査定で満足せずにたくさんの買取業者から査定金額を提示してもらうことです。

    その店以外の店舗が見積もった金額を見せることで査定金額が変化することがたくさんあります。

    いっぺんに複数の業者に査定をお願いするには無料一括査定サイトを利用するのが有効ですが、このときに妙に高く見積もってくるところは詐欺かもしれないので注意するに越したことはないでしょう。

    中古車に限らず、インターネットでは買取希望の中古車の見積もりを一度に沢山の会社にお願いできる、幾つもの車一括査定サイトがあります。

    一括査定サイトを通したら絶対にその車を売却しなければならない訳ではなく、いろいろな店に自分で出向かなくても良くなるのです。

    利点が多いとはいえ、お店によっては電話勧誘がしつこいところもあるので、自分に直接電話連絡されたら面倒だという方は、メールが連絡手段となっているところを利用すればしつこい勧誘電話を避けることが出来ます。

    これから中古車買取り業者に査定をしてもらおうという場合はあらためて用意すべき書類等はないものの、実際に売却する段階になれば、幾つかの書類を用意しなければなりません。

    売却するのが普通乗用車なら実印と印鑑証明書が不可欠ですし、苗字が結婚などの理由で変わっている時や、引越しで既に住民票を移してしまっている場合などは必要に応じて提出書類が増えるので手間がかかります。

    売却の意思が堅いのでしたらあらかじめ書類を揃えておくと、売却手続きに要する時間を減らすことができます。

    乗用車は普通、初度登録の年月をベースに古さを表す意味で、何年落ちといった言い方をします。

    実際には製造年からカウントするのでなく、その車が初めて登録された年数ですから気をつけてください。

    年式の古い車は査定額が落ちるのが普通で、10年目からは驚くほど低価格になりかねません。

    売っても儲けは僅かでしょうが、いざ購入する立場で見てみると、状態次第ではそうした車は宝の山とも言えます。

    過失ゼロの状態で追突事故に遭い、自分の車が大破。

    当時は大丈夫でも下取りや中古車買取を依頼する際、事故車ですから値段がつかないこともあります。

    事故の原因となった相手に賠償を要求できれば良いのですが、交渉次第で可能な場合もあれば、ダメなこともあります。

    それに事故について本人同士で何らかの合意に達したとしても、自動車保険会社からすればそこまで支払い対象にすることはまずありません。

    どうしてもというのであれば、裁判も辞さない覚悟で弁護士などと話し合ったほうがいいかもしれません。

    中古自動車を見積もり査定に持って行く前に丁寧に洗車しておくと、直接的ではありませんが少しでも高く売るために有用です。

    じっさいには車が洗車してあってもなくても、査定額はそうそう変化するものではないのです。

    しかしながら、自分は今まで車の扱いが丁寧だったという事を印象づけるポイントになり得るのです。

    手荒に乗っている所有車よりも業者側の受けは確実に良いでしょうから、見積金額が高めに付く可能性が出てくるのですね。

    誰も乗らなくなってメンテナンスもしなくなり、車検が終了している自動車でも売却はできます。

    しかしながら、すでに車検が切れてしまっている車が公道を走ることは禁止されていますから、出張査定を依頼する事になるでしょう。

    普通の自動車以外にも車検切れでもOKのところならば、自動車を引き取るのに無料で作業してくれる業者が多いでしょう。

    補足すると、査定に出す前に車検を通すことは無意味になるので勧められません。

    あらかじめ車検を通すのにかかった費用の方が大抵の場合は査定金額に上乗せされる金額よりも高く付いてしまうからです。

    車の売却についての一連の流れを説明すると次のようになります。

    まずは一括査定サイトなどを使って年式や各種条件から簡易的な査定額を出してもらい、業者が来て実車査定を行い、最終的な買取額が算定されます。

    思ったより低い額なら断って別の業者に来てもらうこともできますが、いずれにせよ価格や条件に不満がなければ売買契約を締結します。

    契約締結後に車を業者に引き渡し、それから業者側で名義変更の手続きなどが行われたあと売主の口座に売却代金の振込があります。