トップページ

    このサイトではフィットの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「フィットの買取相場を検索して高く買い取ってくれる専門店に売りたい。」ということを考えているならこのサイトに掲載しているおすすめの車買取専門店で調べてみてください。

    ホンダのフィットを高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者で査定をしてもらう」ということ。1社の車買取店だけとか近隣のホンダディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでおすすめできません。

    中古車の一括査定ならサクッと入力完了するのでカンタンです。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、フィット(Fit)の買取値段の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度抜群なので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大で50社にフィットの査定依頼をすることができます。

    中古車の一括サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「フィットの買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にフィットの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が流れない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が概算価格を入札するので、数年落ちのフィットでも高額買取してくれる車買取業者が見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1社からのみなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    フィットの買取査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札して買取価格を提示するという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車買取一括サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みと同時にフィットの相場が分かるので、「中古車で数年落ちのフィットの買取相場って分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    依頼申し込み後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良業者のみが登録していますので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、いくつかの会社に査定してもらうことで長年愛用したフィットであっても高く売ることができます。

    最大10業者が中古車査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたのフィットを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場がわかる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、その中から最大で10社があなたのフィットを査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定額を出してもらうことで査定額やサービスの違いを比較してみることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したフィットを1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前から分かるように楽天が運営している車買取の一括査定サイト。
    ホンダ・フィットの査定依頼をするだけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用したフィットを高く売って、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携企業は約100社なので他の業者と比べると少なく感じますが、最大で10社の会社がフィットの査定金額を提示してくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定を使った場合の価格差がいくつか提示されていますので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    自分の車を高値で売却するために車の買取店と価格交渉をするときに重要なのは、こちらから軽々しく価格を口にしないことでしょう。

    査定相場金額を確認した上で交渉に臨んでいるのならば良いのですが、相場の金額を確認していないのならば相場よりも低めの価格を希望金額として提示してしまう可能性が高くなるので、そのようなときには自分から損をしてしまいます。

    価格交渉をスタッフとしようと思っているのならば、交渉する前にはきちんと下調べして相場を把握しておかないといけませんね。

    インターネットを介して中古車の無料一括査定を利用したいけれども、個人の名前などはできるだけ記入したくないという時には名前を書かずに利用可能な一括査定サイトを使えば良いでしょう。

    でも、名前を明かさずに利用可能なのは無料査定までの話です。

    実査定(実際に査定士に車を見てもらう)を行うときや、売買契約を結ぶときには、絶対個人情報の公開をしなければならないのです。

    中古車買取専門店は古物営業法という法律に則って、契約を交わした相手の個人情報を記録しておくという義務があるのです。

    中古車を査定してもらう時には、車体の色も大きく関係してきます。

    定番カラーである白や黒は安定した人気があるので、査定額が高めに出る傾向があります。

    逆にビビットカラーの赤や黄色などは好みがハッキリと分かれる傾向があるので、定番カラーよりも見積額をダウンさせられてしまう場合もあります。

    そうは言っても、車の査定金額はオークション相場のタイミングによりアップダウンするため、その時の流行によってある一定の色が査定相場を引き上げることも考えられるのです。

    本来のホイールから他メーカーのものに交換している時は、査定士が現物を見に来る前に、できるだけ純正ホイールに戻しておく方がいいでしょう。

    例外はあるかもしれませんが、もともとのメーカー品を装着している車のほうが高い査定額がつきやすいのです。

    きれいな状態を保つためにできるだけ倉庫やひさしのある屋外で保管すると良いでしょう。

    程度の良い別メーカー製ホイールは意外な値段でオークションなどで売れる場合も多く臨時収入も期待できます。

    中古車の買取には実物の査定が不可欠ですが、金額を提示した業者は即決を促すでしょう。

    もし即決なら見積りに色をつけても良いといった熱烈な口上は、すべて営業手法ですから、乗せられないように気をつけてください。

    車を売却する際はより多くの買取業者から見積りを集めるのが高額査定を得るためのセオリーだからです。

    とりあえず多くの会社から見積りを出してもらい、各社の金額を見比べた上で次の交渉段階に進めばいいのです。

    けして焦りは禁物です。

    車を買い取る前に行われる査定では、複数のチェック項目ごとに基準値を設けてプラスいくつ、マイナスいくつといった方法で点数をつけていき、価格を総合的に割り出すようにしています。

    そんな中で確実に減点されるのは、車体の外観の瑕疵(へこみ、中規模以上のキズ)でしょう。

    そういった傷をプロに頼むのではなく自分でなんとかしようとすると、業者からするとマイナス査定をつけざるを得ない状況にもなり得ます。

    相応の知識と修理経験があればキズの深さによっては何とかなるかもしれませんが、通常はそのままで売りに出したほうが良いでしょう。

    充分な心構えを持っていたとしても、前もって予測することが不可能ないざこざに巻き込まれてしまうことがありますね。

    車売却の際にたまにあるケースとして、契約成立後になってはじめて問題に気付きましたといわれて実際の買取金額を下げる場合があります。

    売却する際に売り手側が事故歴などを隠蔽していたのならばわざと申告していなかった売り手側が悪いです。

    しかし、自分が何も悪くないときには、査定するときにあらかじめ確認しなかった方が責任を取るのが普通ですから、後から何か言われても了承する必要はないのです。

    車の所有者にかかってくる自動車税は、所有車に1年分の請求が来て、その認定日は毎年4月1日と定められています。

    しかし、車売却の時には、払った税金の残りがプラスに査定されますから、損したと思うようなことはないのです。

    でも、自動車重量税は査定に加算されることはなく、廃車にでもしない限り手元に残りの月数分が還付されるような制度はないのです。

    還付制度がないと言っても、税金支払いの期間が残っている場合、その金額を査定に加算してくれる場合もあるかも知れません。

    買取業者との交渉次第でなんとかなるかも知れませんね。

    どんな場合でもそうですが、契約書に書かれている内容を充分に理解すると言うことは、何も自動車の売り買いに関したことだけではなくてさまざまな売買を行う上で大変重要になってきます。

    サインをしたり印鑑を押してしまえば、書かれている文章の内容はすべて法的効力を有するのです。

    書かれている自動車の内容に問題はないか、金銭面で分かりにくい箇所はないか、充分に丁寧にみていくことが大切です。

    ちょっとでも不安を感じたら納得するまでスタッフに質問することも重要になってきます。