トップページ

    このサイトではフィットの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「フィットの買取相場を検索して高く買い取ってくれる専門店に売りたい。」ということを考えているならこのサイトに掲載しているおすすめの車買取専門店で調べてみてください。

    ホンダのフィットを高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者で査定をしてもらう」ということ。1社の車買取店だけとか近隣のホンダディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでおすすめできません。

    中古車の一括査定ならサクッと入力完了するのでカンタンです。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、フィット(Fit)の買取値段の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度抜群なので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大で50社にフィットの査定依頼をすることができます。

    中古車の一括サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「フィットの買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にフィットの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が流れない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が概算価格を入札するので、数年落ちのフィットでも高額買取してくれる車買取業者が見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1社からのみなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    フィットの買取査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札して買取価格を提示するという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車買取一括サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みと同時にフィットの相場が分かるので、「中古車で数年落ちのフィットの買取相場って分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    依頼申し込み後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良業者のみが登録していますので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、いくつかの会社に査定してもらうことで長年愛用したフィットであっても高く売ることができます。

    最大10業者が中古車査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたのフィットを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場がわかる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、その中から最大で10社があなたのフィットを査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定額を出してもらうことで査定額やサービスの違いを比較してみることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したフィットを1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前から分かるように楽天が運営している車買取の一括査定サイト。
    ホンダ・フィットの査定依頼をするだけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用したフィットを高く売って、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携企業は約100社なので他の業者と比べると少なく感じますが、最大で10社の会社がフィットの査定金額を提示してくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定を使った場合の価格差がいくつか提示されていますので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    中古車買い取り店は多数ありますが、ほとんどの場合、査定にかかる時間は待っているロスタイムを除いて約10分少々で済みます。

    これは現時点における車種ごとのオークションなどの相場をもとにしてあらかじめ基本となる査定金額が決定されていて、基本査定額から車の各部位の状態や走行距離などを確認して、車の状態に応じた査定額のアップダウンをすれば最終的な価格を決定することが可能だからです。

    大企業の中古自動車販売店においては通常のユーザー向けの中古車査定アプリを提供していますが、プロ仕様の中古車査定支援アプリも存在します。

    たとえ査定業務にあまり携わったことがない人でもこれを使うことによって中古車査定がたやすく出来るようになります。

    業務用の査定支援アプリと専用機器を一緒に使うと、これから見積もりを出そうとしている車の以前に修理していたかどうかが分かる機能がついているケースが多いです。

    中古車買取業者の中には、輸入車専門だったり、事故車や軽自動車を扱うなど、限定された車種の販売が得意だったり、若しくは専門としている買取業者が存在します。

    たとえばの話、自分が乗っている売却希望車が軽だったら、当然かもしれませんが、軽自動車の販売を得意とする会社に買い取ってもらった方が高く見積もってくれることでしょう。

    ある特定のジャンルに秀でた業者はネット上の無料一括査定サイトを使ったときに、通常の店舗よりも幾分査定額がアップされているので、判別することができるでしょう。

    車に乗る人にとっては常識かもしれませんが、車の走行距離は一年におおよそ1万kmが標準といわれています。

    年式を問わず走行距離数が5万を超えた車は多走行車と言われて査定時にもその程度ごとに減点対象となり、いわゆる過走行車(総走行距離10万km以上)までいってしまうと金額をつけられないからと買い取りを断られるケースもあります。

    それなら走行距離が短いほどよいのかというと、そうとは言えません。

    総走行キロ数が車の年式の割に少なすぎる時には、機構の状態がむしろ悪くなり、思わぬところが故障していることも充分考えられるからです。

    業務用の車でない限り、一定以上の距離を走った自家用車は、買取り業者による査定の際は、走った分だけ減点評価されるのが普通です。

    基準としては5万km以上を多走行車といい、車の状態はどうあれ減点となります。

    そして総走行距離が10万キロ以上だと過走行車という扱いで、ほとんどの業者はゼロ円を提示してくるでしょう。

    かといって車の価値がゼロ円だのといった意味ではありませんから大丈夫です。

    過(多)走行車や事故車などを扱う専門業者でしたら、使用可能な部位ごとに価格を算出していき、けしてゼロ円などという結果にはなりません。

    タイヤの状態は中古車の査定時には価格に及ぼす影響は少ないでしょう。

    とはいうものの、もしスタッドレスを履いているままなら、可能なかぎりノーマルタイヤにしてから査定に出すことを推奨します。

    スタッドレスだからといって買取拒否されることこそないものの、真冬に残雪が残る地方というのは限られていますから、いちいち業者の方でノーマルタイヤに交換したあと売り出すことになります。

    結局、その手数料として見積額から引いておくわけです。

    手元に普通タイヤがある人ならぜひ交換しておくべきです。

    丁寧に磨いて複数の会社に査定を依頼してもタダみたいな値段しかつかないときは、事故車やワケありの車を手がけている買取業者に査定を依頼してみるという方法もあります。

    どこの査定士からもサジを投げられた車でも、専門業者なら車としてでなく部品取りとして査定するので、買い取りが可能なのです。

    それ以外には廃車しかありませんが、時間と手間を考えると廃車業者に売るほうが格段に簡単です。

    そうした業者の取り柄というと、依頼者に代わって厄介な廃車手続きを済ませてくれる上、車の処分費が無料ということです。

    買取業者に出してもらった査定額は、ずっと有効なわけではないのです。

    中古車の価格の相場というものは常に変動が激しいですから、査定額には一定期間の保証を付けている買取会社がほとんどです。

    車の査定額を見せられたときにすぐに売却を決定出来ないときには示された見積金額がいつまで有効なのか必ず聞いておくようにしてください。

    保証期間については交渉することもできますが、期間が結構長いと無理だと言われることの方が多いはずです。

    日常的に乗っている人がいなくなって、すでに車検が切れてしまった車でも買取りしてもらうことは可能です。

    売ることはできますが、もうすでに車検が切れてしまっているということは一般道を走らせることは禁止されていますから、自動車があるところまで出張してもらって査定を依頼する必要があるでしょう。

    もう車検の期限が切れている車でも買い取りしてくれる店舗ならば、自動車を引き取るのに無料で作業してくれる業者が多いでしょう。

    また、あらかじめ車検に出してから車を売ることは無意味です。

    車検を通すのにかかる費用の方が実際には高くなってしまい、その割には査定金額にさほど反映されないため損をすることになるでしょう。