トップページ

    このサイトではフィットの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「フィットの買取相場を検索して高く買い取ってくれる専門店に売りたい。」ということを考えているならこのサイトに掲載しているおすすめの車買取専門店で調べてみてください。

    ホンダのフィットを高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者で査定をしてもらう」ということ。1社の車買取店だけとか近隣のホンダディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでおすすめできません。

    中古車の一括査定ならサクッと入力完了するのでカンタンです。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、フィット(Fit)の買取値段の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度抜群なので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大で50社にフィットの査定依頼をすることができます。

    中古車の一括サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「フィットの買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にフィットの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が流れない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が概算価格を入札するので、数年落ちのフィットでも高額買取してくれる車買取業者が見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1社からのみなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    フィットの買取査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札して買取価格を提示するという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車買取一括サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みと同時にフィットの相場が分かるので、「中古車で数年落ちのフィットの買取相場って分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    依頼申し込み後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良業者のみが登録していますので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、いくつかの会社に査定してもらうことで長年愛用したフィットであっても高く売ることができます。

    最大10業者が中古車査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたのフィットを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場がわかる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、その中から最大で10社があなたのフィットを査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定額を出してもらうことで査定額やサービスの違いを比較してみることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したフィットを1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前から分かるように楽天が運営している車買取の一括査定サイト。
    ホンダ・フィットの査定依頼をするだけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用したフィットを高く売って、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携企業は約100社なので他の業者と比べると少なく感じますが、最大で10社の会社がフィットの査定金額を提示してくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定を使った場合の価格差がいくつか提示されていますので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    大方の業者には当てはまらないことですが、稀にしか見られない事でしょうが、極悪非道なことをする業者も紛れています。

    手口の例としては、見積もりを申し込む時に、「見積もりした後にその車を持ち帰っても良ければ査定額をアップさせることが可能ですよ」などと言われ、直ぐに車を引き渡すように強要させられて、車を引き取ったは良いが料金は支払われずに、その会社の連絡先がなくなっているという手口の詐欺も横行しています。

    決められた一定の契約手続きを行おうとせずに何となくせわしく車を引き取ってしまおうとする業者に遭遇したら詐欺を疑った方が良いですね。

    中古車売買における車の査定基準というものは、その車の走行距離や年式、事故歴があるかないかや、内装および外装の状態などです。

    査定基準のうちで外装と内装に関していえば、事前にしっかりと掃除することで見積金額のアップが狙えます。

    以前事故で修理した箇所がある場合には、嘘をついても査定士の目はごまかせませんから、嘘をついたりせずに伝えましょう。

    これらの査定基準を確認してから、その車のオークションでの査定相場を考慮して、買取希望者に示す見積金額を決定しているのです。

    買取業者に見積もりを出してもらうときに入り用になる書類は、車検証、及び自賠責保険証明書の2通のみなので、特段、事前に何らかの準備をする必要性はないでしょう。

    しかしながら、査定した車を売却するとなると名義変更が必要ですから、その上、自動車税納税証明書、および印鑑証明書などのいくつかの書類が必要になるのです。

    引越や結婚などで車検証などの内容が現在の住所や姓になっていないときには住所や姓の訂正に関して追加の書類を提出するように言われますから、このような変更がある場合には、あらかじめ確認して準備しておくと良いでしょう。

    車検に通る程度の改造を施した車は、中古車の査定ではどうなるのかというと、実際に車を見てみなければ何とも言えません。

    改造パーツといえども評価が高くて人気があれば場合によっては加点も期待できます。

    とはいうものの、残念ながらパーツの劣化が激しい場合は修理や撤去の必要もあり、業者としては手間がかかりますから、減点は避けられません。

    それとは別に、ユニークすぎるものも買い手がつきにくいので、マイナス要素になりえます。

    そのような結果にならないよう、査定時には車はノーマルに戻しておき、市場ニーズのあるパーツはカスタムショップやオークションで売ると良いでしょう。

    全損というのは、車が修理不能なほど壊れている状態を指します。

    しかし一口に全損といっても2種類に大別できます。

    修理屋がさじを投げた物理的全損がまずあって、あとひとつは修理費が車両保険で賄えない状態になってしまった経済的全損です。

    一般に自動車保険の支払金額というものは、生命保険のように確定しているものではなく、その時の市場の評価額を元に算定されます。

    国内の自動車保険各社のほとんどは日本自動車査定協会が出している市場データの冊子を参照して相場の現況を知るようにしています。

    市場価格と保険会社が提示した金額に差があるなど疑問を感じた際は、納得がいくまで説明を求め、金額については交渉しましょう。

    新車の価格は変わりませんが中古車の場合は市場価値がどんどん変化していきます。

    したがって中古車を査定する際に業者が提示した価格にも期限が設定されています。

    期限については業者や担当者ごとに違いがあるはずですから、念の為にその金額がいつまで有効なのかを担当者にしっかり確認することが不可欠です。

    期限は長くても10日から2週間位という感じですが、これが中古車の相場の変動が大きい時期になると、非常に期間が短くなっていることもありますので、気をつけなければいけません。

    半ば粗大ゴミのような状態になってしまっている、車検が終了している自動車でも売却はできます。

    そうは言っても、車検が切れた自動車は公道を走らせてはいけない決まりがありますから、自動車があるところまで出張してもらって査定を依頼する必要があるでしょう。

    車検が切れた状態の車でも買い取りしてくれる会社ならば、車の引き取りにお金がかからないところが多いはずです。

    補足すると、査定に出す前に車検を通すことは得策とはいえません。

    車検にかかるお金の方が実際には高くなってしまい、その割には査定金額にさほど反映されないため損をすることになるでしょう。

    中古車を売買するときに、業者任せにしないで全て自分の手で行える時間と知識を持っているならば、自動車は個人売買するのが最も高値で取り引きできる売却方法だと言えます。

    個人売買するときにいざこざが起きやすいのが名義変更に関することとお金に関することです。

    名義変更に関しては、両方で話し合った期限までにきちんと名義変更の手続きを行うように念書を書くこと回避できます。

    料金トラブルに関しては、初回だけ支払って二回目以降は支払いが滞ることがないように、決済は一回払いのみで対応すれば余計な心配をする必要がないでしょう。

    自動車の売却などの際には、自分が充分に注意していても、予期せぬいざこざに巻き込まれてしまう場合があるでしょう。

    車を売るときにたまに見かけるケースとしては、契約成立後になってはじめて問題に気付きましたといわれて実際の買取金額を下げるケースがあるので注意した方が良いでしょう。

    契約後に問題が見つかったと言われたとき、売り手側が事故などを隠していたのならばきちんと申告しなかった自分側が責任を取る必要があるでしょう。

    わざと隠し立てしていたりしなければ、事前に査定で見落としをしてしまった方が責任を取る必要があるので、自ら承服する必要はないと言えます。